通院治療だが 白血病の治療で通常の抗がん剤治療をすると好

通院治療だが 白血病の治療で通常の抗がん剤治療をすると好。元白血病患者で移植経験があります自分の入院していた所は無菌病棟で、好中球ではなく白血球の数でしたが数値があるラインを下回ると1000/μl以下だったかな。新人看護師です
白血病の治療で、通常の抗がん剤治療をすると、好中球がゼロになる患者さんが多いですが、当病棟のルールでは、 ゼロでも病棟外に出てもいいことになっています 一方で、移植中の患者さんは好中球がゼロになっているので出られません
同じ好中球ゼロなのに、この違いが分かりません よろしくお願いします 好中球減少症。好中球減少症 -原因。症状。診断。および治療については。マニュアル-
家庭版のこちらをご覧ください。血液サンプルを採取して。好中球減少症の
診断を下しますが。原因が明らかでない場合は。骨髄サンプルが必要になること
も物質ベンゼンや殺虫剤と同様に。フェニトインやサルファ剤。がん治療
化学療法に用いられる多くの薬も。好中球を周期性好中球減少症では。
白血球数の経時的な減少と増加に伴って。症状が現れたり消失したりを繰り返し
ます。

急性骨髄性白血病。中心となる治療法は化学療法抗がん剤治療で。大きくつの過程で行われます
。と。その後の完全寛解を維持し。白血病細胞をゼロに近づけるための寛解後
療法かんかいごりょうほうです。脳や脊髄の中枢神経には。点滴や内服
による投与では抗がん剤が届きにくいため。背中から細い針や管急性前骨髄
球性白血病では。ビタミンの誘導体であるオールトランス型レチノイン酸
。- とタミバロテンが使用されます。通院治療だが。抗がん剤は。細胞分裂の過程に働きかけて。がん細胞が無制限に分裂増殖しない
ようにしていくものですが。体の正常なや量にもよりますが。白血球好中球
の数は。抗がん剤を投与してから~週間後に最も少なくなることが多いよう
です。白血球好中球の数が治療を行うための基準を満たしているかどうか
。抗がん剤を投与した後。骨髄抑制の副作用が感染予防は。白血球好中球
が減ったときだけ行うというのではなく。日常的に清潔を心がけ。感染予防の
ために

茨城県立こども病院。小児血液腫瘍科は。小児の白血病。リンパ腫。固形腫瘍といったいわゆる「小児
がん」の患者さん。あるいは血液疾患を発症また治療の際に問題となる副作用
。例えば心臓や呼吸器あるいはホルモン関係の副作用については小児循環器科や
総合主として白血球のなかの好中球数だけが低くなる白血球の疾患 先天性好
中球減少症。乳児自己免疫性好中球減少症慢性良性好中球減少症など抗がん
剤」と呼ばれる薬剤を複数組み合わせて点滴から投与する「化学療法」が一般的
です。

元白血病患者で移植経験があります自分の入院していた所は無菌病棟で、好中球ではなく白血球の数でしたが数値があるラインを下回ると1000/μl以下だったかな?覚えてない……すいません、食事も加熱食になり病棟からも出ることが出来なくなる規則でした移植はまた別の完全クリーンルームで行い生着後に回復するまで出るのは禁止でした他の病院でも固形癌患者さんに比べ強い骨髄抑制が出る白血病治療中の患者さんは白血球または好中球が下がるとアイソレーター?のついた部屋やベットに入るのが規則で感染厳禁でしたし「骨髄抑制で白血球好中球が下がると病棟を出れなくなる」というのが普通だと思っていたので、びっくりしています……!あくまで推測なのですが「移植後の好中球ゼロつまり生着前」の患者さんと「化学療法よる骨髄抑制で好中球ゼロ」の患者さんだと、感染に対する警戒度は違うのかな?というのは少し思います移植後の患者さんは、前処置で造血機能が無くなり好中球ゼロもしくはとても少ないの状態で無事に生着して正常に血球を作り出してくれるまで少なくとも数週間を過ごさなければなりませんその間の感染のリスクも高く、だからこそ移植はクリーンルームで行うものと理解しておりますそれに比べると、ケモの骨髄抑制の場合、好中球がゼロになる期間は移植に比べると短いし、血球の戻りも移植に比べれば早いので、感染リスクを含めて警戒度は低いという判断なのかもしれませんしかし、現在はコロナウイルスの件もありますし、がんの治療を行なっている病院、特に白血病のような強い骨髄抑制を含む治療をしていて感染の重症化するリスクも高い患者さんのいる病棟は、以前に比べて面会の規則も厳しくなっている所が多いとも聞いていますし、些細な感染が命取りになるのが白血病です素人の患者が言うのもあれですが、骨髄抑制中でそれも好中球がゼロの患者さんを病棟外に出させて良いという規則はとてもリスクが高い行為に思えます……看護師さんの立場としても、今後、同じような疑問を患者さんから尋ねられる可能性も、あると思いますし、業務に関係のある真っ当な疑問なので、他の看護師さんや医師に尋ねてみては……?という気もします病院に勤めている訳でもない元患者の個人の推測でしか回答出来ず申し訳ないです、私も理由を知りたいですお仕事頑張ってください元白血病患者です。>当病棟のルールでは、 ゼロでも病棟外に出てもいいことになっています。だったら抗がん剤だけの患者はクリーンルームに入る必要がありませんね。普通に空気中にあるような細菌などでも影響を受けるのに、自由に病棟外に出ていいというのは考えられません。どうしてそういうルールなのか看護師長や先輩ナースにきいてみてはどうでしょうか。何か特別な条件下での話の様な気もしますよ。改善の見込みが有るか無いか???その事に関係していませんか?

sitemap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です