温暖化とは 地球温暖化の進行を抑えるため二酸化炭素の排出

温暖化とは 地球温暖化の進行を抑えるため二酸化炭素の排出。CO2濃度の上昇による温度への影響はすぐには現れず、徐々に現れて平衡に達するまで100~200年かかるとされています。地球温暖化の進行を抑えるため、二酸化炭素の排出を削減しその濃度を安定化させたとしても今後1000年以上にわたり海面は上昇し続けます その理由は何か教えていただきたいです 温暖化とは。産業革命以降。化石燃料の使用が増え。その結果。大気中の二酸化炭素の濃度も
増加しています。年の平均気温は。温室効果ガスの排出量が最も多い。最悪の
シナリオの場合には最大℃上昇すると発表しました。地球温暖化の原因と
予測; 地球温暖化のメカニズム; 増え続ける温室効果ガス; 上がり始めた気温;
どこまで続くのか 海面の上昇; 北極海の海氷。海の酸性化も進む今後。温室
効果ガス濃度がさらに上昇し続けると。今後気温はさらに上昇すると予測され
ています。

CO2濃度の上昇による温度への影響はすぐには現れず、徐々に現れて平衡に達するまで100~200年かかるとされています。その間、海面は上昇し続けるということになります。しかし、過去6億年でCO2と気温に相関はなく、CO2が上昇しても温暖化しません。CO2濃度4300ppmでも氷河期になりましたし、数千ppmでも-50度の全球凍結が7億年前に起きました。1980年代から科学的知見を無視して政治的に通説になっている温暖化CO2原因説では、CO2濃度が高まると、地表から出た赤外線の吸収が増えて、地球に熱がこもって温暖化することになっていますが、赤外線吸収域が波長14~16μmの二酸化炭素は波長8~13μmの大気の窓領域の赤外線を吸収できませんから、濃度が高くなっても、放射冷却を減らせません。CO2の遠赤外線吸収波長の14~16μmの地球放射は全部CO2に吸収されていて、宇宙への透過率はゼロです。従って、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化は物理的に不可能です。大気の窓大気通過後の放射スペクトル分布図3.5 大気放射のスペクトルCO2の赤外線吸収波長15μm付近では、上向きの地球放射の線と下向きの大気放射の線が一致しています。この波長では100%遠赤外線を通していないし、CO2が吸収した遠赤外線の全部が、周囲の空気を暖めることなく、再放射により大気放射として地表に戻っています。CO2の赤外線吸収波長15μm付近では、放射の収支がゼロで、正味の放射は起きていませんから、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化はいずれも物理的に不可能です。CO2に温室効果はありますが、既に温室効果を100%発揮済で、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収が増える余地がないことを温暖化CO2説支持者は理解していません。自分は、そもそも地球の「温度」というものに疑問を持っている昔と今でも観測技術は違うだろうし、昔の分は木の年輪から特定の炭素で推測するとか、測定方法がバラバラなんだよね???”” 二酸化炭素の排出を削減しその濃度を安定化させたとしても今後1000年以上にわたり海面は上昇し続けます。 ”” →??あまり聞いた事は無い学説?ですね?何処のどなたが語ってる説なんでしょうか?どういう仕組みで持って、『温度上昇?1000年?』なんでしょうかね?聞いて見たい!CO2の排出を止めて濃度が安定すれば気温の上昇は数十年で止まると考えられているため、海面の上昇も止まるはずです。「1000年以上にわたり海面が上昇」は間違いです。海洋の熱慣性のため,気温/水温の上昇が止まらないからだと思います.p7-左下のグラフを参照ください理由を理解するには『時間変化する過渡応答』を理解する必要があります。今の二酸化炭素温暖化ガス濃度は右肩上がりで増加しています。仮に、今後今の二酸化炭素濃度が一定に維持されたとします。これが定常状態になって気の遠くなる様な長い時間が経った場合、温暖化は進みますが何処かで安定します。ですから、二酸化炭素の排出を削減しその濃度を安定化させたとしても、温暖化は直ぐには止まらないのです。別の言い方をすれば、自動車のブレーキと同じかと思います。ブレーキをかけても直ぐには止まれないのと同じです。質量が大きければ大きい程、静止するまで時間がかかります。『地球温暖化』の質量は超巨大ですから、直ぐに止めることは不可能なのです。ゆっくりですが確実に進む『地球温暖化』は、長い時間に渡って尾を引くことになります。最後に一言。『1000年』なんて地球の歴史からしたら一瞬です。一年間に換算したら7秒にも達しませんよ。産業革命以来、温暖化ガスを放出し続けてしまった結果で、責任は人類にあります。想像です。もし、本当に大気中のCO2濃度によって、地球の大気の平均気温が上昇したならば、大気中のエネルギは増えるばっか、しかも温暖化に伴って海水中からのCO2増えるハズですので、地球温暖化はとどまることはなく、やがては地球を燃やしてしまうことになるんじゃないでしょうか。原発推進派とIPCCの温暖化説は根本から理論は間違っていると思います。ここはトランプさんの言う通りでしょう。

  • 英語メールの催促表現 さっきメールみてたらこんなのきてい
  • iphone aviutlで動画の53秒のような編集やっ
  • LINE術 同級生好きな人いるの人わたの友達最近〇〇めっ
  • 無限に捕れる カブト虫だけか
  • 受付事務インタビュー 調剤事務の資格ろう思
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です