徴用工問題 日本の国籍を有する私人法人が韓国国内の国際違

徴用工問題 日本の国籍を有する私人法人が韓国国内の国際違。1日も早い対抗措置の発動を願っております。【徴用工問題、日韓関係】徴用工問題について「民事」だろうがなかろうが無関係に日本政府は韓国に対して「対抗措置」が発動できます、 反論はありますか 徴用工判決で差し押さえた日本企業の資産を現金化した場合、国際法の主体は「国家」ではあるが、国際法上、「国民の受けた損害、企業が受けた損害」=「国家自身が受けた損害」となり、「民事」だろうと関係なく、「国家」は「損害賠償請求、対抗措置の行使」が出来ます 韓国が日本企業の資産の現金化を行った場合、「100%」の確率で、ただちに日本は外交的保護権(韓国政府に対して損害賠償請求ができる)、対抗措置の行使、国際司法裁判所への提訴と進みます 対抗措置を批判する人がいるようですが、国際法上、しっかりとした「国の権利」であり、「日本政府としての、日本国民に対する義務」となります 国際法上、対抗措置の目的は「違法行為を行う国に違法行為の停止や賠償を促すこと」となります ↓国際違法行為に対する国家責任(国家責任条文)(2001年12月12日) http://hrlibrary umn edu/japanese/JWrongfulActs html ↓国家責任 https://ja wikipedia org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E8%B2%AC%E4%BB%BB 外交的保護権は、国際慣習法によって認められている国際法上の国家の権限である A国とB国とがあって、A国の国民が、B国によって「違法」な損害を受けた場合には、A国自身が損害を被ったということになる A国は自らの受けた損害を回復するため、B国に外交的保護権の行使という形で国家責任を追及することができるのである 注意すべきは、この権限は国民の受けた損害を国家が代わって追及するのではなく、国家自身が受けた損害を自ら追及する権限ということである このような扱いとなっているのは、国際法の主体は(従来からの考えでは)国家のみであるという原則がある反面、国民の損害は回復される必要があるため、両要求を調和する形で認められたということによる 日本の国籍を有する私人、法人が、韓国国内の国際違法行為によって損害を被ったことになり、日本は、国際違法行為を行った韓国に対して国家責任を追及する国際法上の権限である外交的保護権(韓国政府に対して損害賠償請求ができる)を行使することができます、また、国際法で認められている対抗措置を行うことができます ↓違法性阻却事由 (国際法) https://ja wikipedia org/wiki/%E9%81%95%E6%B3%95%E6%80%A7%E9%98%BB%E5%8D%B4%E4%BA%8B%E7%94%B1_(%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95) ↑対抗措置は他国による国際法に反した行為に対する制裁措置である 違法行為を行った国に対して違法行為の停止や賠償をすでに行った場合に違法性阻却事由(対抗措置は国際法上「合法」となるという意味)として認められる 国家責任条文第22条にもとづく 被害国による対抗措置は規模?性質の面で違法行為に比例したもので、違法行為から生じる損害と均衡したものでなければならない また対抗措置の目的は、違法行為を行う国に違法行為の停止や賠償を促すことであり、可能な限り相手国が義務を再び順守できるような方法で対抗措置は行われなければならない 韓国が日本企業の資産の現金化を行った場合、「民事」だろうがなかろうが無関係に日本政府は外交的保護権(韓国政府に対して損害賠償請求ができる)、対抗措置の行使、国際司法裁判所への提訴と進みます 人種差別撤廃条約における「人種差別」と。ヘイト?スピーチに対して刑事罰を科する法律を有する国は多いが。日本これ
に対して「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」以下高裁判決
は損害賠償額においては地裁判決と異なるところはないが。論理構また現行法
で対処可能な違法行為であったことから。ヘイト?「スピーチ」という用語は
。韓国を祖国とする人々と北朝鮮を祖国とする人々の双方を含む意味で用いら
種差別という不条理な行為によって被った精神的被害の程度は多大であった

徴用工問題。徴用工判決で差し押さえた日本企業の資産を現金化した場合。国際法の主体は「
国家」ではあるが。国際法上。「国民の受けた損害。韓国が日本企業の資産の
現金化を行った場合。「100%」の確率で。ただちに日本は外交的保護権
韓国政府に対して損害賠償請求日本の国籍を有する私人。法人が。韓国国内の
国際違法行為によって損害を被ったことになり。日本は。国際違法行為を行った
韓国

1日も早い対抗措置の発動を願っております。対抗して、日本にある韓国人や韓国政府南の財産を、差し押さえて、売却したらいいと思います。ついでに、韓国人南の観光ビザを、1000ドルにして、韓国人から、がっぽり、金を取ってやりましょう。韓国人の留学生からも、敵国税を、月に1000ドル、取ってやりましょう。韓国人の労働者からも、敵国税を、月に1000ドル、取ってやりましょう。在日朝鮮人も、韓国南国籍が多いので、本国の韓国人と同じ扱いです。日韓基本条約で、解決しているはず。韓国の裁判所がそのような判決を下し、日本に請求してくるなら、韓国という国とは、世界中が国際協定を結べないの野では???あまりに、単純な回答ですが??。日韓基本条約とは何なの?国際協定とはなんなの?と韓国に問いたい??。?馬鹿に正論振りかざす、こちらが馬鹿か?^^;国際法の原則は、「目には目を、歯には歯を」。

  • Ghost デジタルデラックスエディション最後できるんか
  • 50℃洗い 細胞膜のない野菜ないのか
  • amazonの買い物 販売違う場合荷物届くのAmazon
  • 楽天市場\ ラメ剥す専用除光液って売って
  • だ~いすき 誰か言って韓国浮気て於いて,自分の浮気認めず
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です